「ペストと交霊術」の覚書①

September 8, 2018

 

 改めまして、Ne′yanka第3回公演「ペストと交霊術」にご来場いただき、ありがとうございました。

 

今回はヨーロッパ3部作(私が勝手に名付けました)の最終章。

ドイツ(神聖ローマ帝国)、チェコ(モラヴィア)ときて、1950年代のフランス(に似たどこかの国)を舞台に「大人のための演劇」を目指しました。

 

遠藤良太作品は、役の感情のようなものは台本には書かれていません。

そして、セリフは詩的で難解なものが多い。特に今作は、登場人物がよくしゃべります。

(しかも、その本音はどこにあるのかわからないセリフばかり)

なので、俳優陣も苦労したことと思います。役者は感情を表現する仕事でもありますから。

 

ただセリフにとらわれていた俳優たちも、その裏にある役の感情に気づいてから、とても自由になっていったように思います。

遠藤作品は言葉は難しいですが、描かれているのは人間的な感情です。

そこに気づけると、一気に演じることが楽しくなるのが魅力だと思います。

(脚本だけだと、そこに気づいてもらえないので、オファーのときはなかなか苦労します)

 

私は、本でいうところの読後感、余韻が残る作品が好きです。

今回は舞台上に誰もいなくなったシーンを見せて終わるようにしました(実際はいるのですが布に隠れて見えない)

この布のアイデイアは稽古最終の2日くらい前に思いついたものなのですが、ダブルミーニングになっています。気づいた方はいらっしゃいますでしょうか?

いらっしゃったら、ぜひ、乾杯しましょう。

 

では、この辺で。また何か思いついたら書くかもしれません。

 

Ne'yanka 両角葉

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 21, 2019

Please reload

アーカイブ