黒い二、三十のこぼれ話 その弐


舞台は白、黒、青を基調にしています。チラシも同様の色を使用してもらいました。

この3つの色が私の考える「黒い二、三十人の女」のテーマカラーです。

舞台装置は、テーブル、椅子、いくつかの動物モチーフだけのシンプルなもの。

これだけの装置で、城、国境の村の家、牢獄、山道をいかに変化をつけられるかが課題でしたが、役者の演技と照明に助けられ、別空間を生み出すことができました。

またオープニング、ネイダフ通信、牢獄でのクイズ、エピローグに映像を使用しました。

映像作家の高地寛さんのアイデアで、シュピーレン大公国の紋章もできましたー!

エピローグは、「ガルシア・マルケスの百年の孤独みたいに、すべて消えるイメージで」とお願いしたところ、文字が崩れていくようにしてくれました。

どの映像もスタイリッシュでお気に入りです。

ちなみにネイダフの声は私です。

photo by 保坂萌


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事