エピグラフ

April 13, 2016

 

「黒い二、三十人の女」の脚本は各場にエピグラフがついています。

このエピグラフがシーンを作るときに参考になるので、お気に入り。

twitterでも公開しています。

 

私が一番好きなエピグラフは、「高い志にもかかわらず、自分でも嫌っている殺戮と惨禍を引き起こすのは、いつでもこういう純粋な信念の人、宗教的で夢中になる人、世界を変革し改善しようとする人であろう」―シュテファン・ツワイク『ジョゼフ・フーシェ』

 

世の矛盾を感じますね、このエピグラフ。

誰もが自分の信じるもののために生きているのに、それが悲劇を生むこと。

この悲劇を食い止めることは、人間の課題だと思っています。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

August 21, 2019

Please reload

アーカイブ