稽古1日目

Ne'yanka「黒い二、三十人の女」の稽古が始まりました。

稽古初日は本読み。

まず役の置かれている環境、社会情勢、文明、関係性など、物語の主軸となる部分を話しつつ、イメージを固めていきました。

この作品は”架空の国”を舞台にしているので、その”国”について、イメージを共有していきたいと思っています。

あと、単純に、そういうこと考える時間って楽しいですよね。

演劇は想像を膨らませていくところから。

どんな世界が生まれてくるのか、とても楽しみです。

写真は鈴木燦さんと太田みちさん。

二人の雰囲気が、ちょっと似てる気がするのは私だけ?


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square