November 29, 2016

ついに第二話「電気を大切に」の稽古が始まりました。

ご出演いただくのは西本竜樹さん(東京乾電池)と、藤本紗也香さん。お二人とも、Ne'yanka初参加。

この二人は紺かぶりですね(冬の稽古場は洋服の色がかぶりがち)

この「電気を大切に」は、遠藤良太氏の新作です。

タイトルがデンコちゃんを思い出しますよね(あの事故があってから、デンコちゃんは封印されましたが…)

とっても短い作品なので、読みやすいかと思い、本読み大会でもいろいろな俳優に読んでいただきました。

二人が演じるのは実在の人物です。

実際の人物についての知識をひけらかしてやろう!と臨んだ(...

November 26, 2016

さて、稽古初日を終えての2日目。

今回は服装が茶系かぶりの3人です。

2日目にして台本を手放し、果敢にチャレンジする3人!

正直、台詞は本番までに覚えていればOK!と思っている派(覚えられない言い訳ともいう)ですが、

やはり自由に舞台で遊ぶためには、台詞は入れてしまった方がいいですよね。

台詞は役を演じるうえでの手段の一つです。

役者は台詞を覚えてからが勝負なところもたくさんあります。

まず役を演じるうえでのヒントを台詞の中から見つけ出し、

そこから稽古を繰り返しながら、役を、芝居全体を作っていくのです。

この3人が、この台本の中から何を取りだし、何...

November 25, 2016

ついに「死刑台の上のイヴと電気箱の偶然の出会い」稽古がスタートしました!

初日は雪!寒かったですけど、珍しい11月の雪なので、なんとなく縁起がいい気もしますよね?・・・ね?!

今回は3つのオムニバスストーリーですので、稽古もチームで行います。

稽古の先陣を切ったのは「イヴの入る箱」チーム。福永理未さん、杉村こずえさん、本山功康さんの三人です。

この日はまず本読みから。そのあと、本に付随したゲームを。

前回公演ではゲームなんてする暇もなかったのですが、今回はゆとりがあるので(でも1カ月切ってるw)

いろいろ試しながら稽古を進めていけたらいいな、と...

November 8, 2016

Ne'yanka公演の行われるThe 8th Galleryは学芸大学駅から徒歩12分。

CLASKAというリノベーションホテルの8Fになります。

今回は、その道のりをご紹介します。 

東急東横線の学芸大学駅からスタートです。

急行は止まらないので、各駅停車にお乗りください。

駅の改札を出て右。東口に出ると商店街が続いています。

この商店街を直進しましょう。

おしゃれなカフェやら居酒屋やら昔ながらの商店やらが並んでいるので、

早目に来て散策するのもお勧めです。

商店街をぐんぐん進みます。

コンビニやら公園やらも現れますが、どんどんどん先に進みましょう。

...

November 3, 2016

フライヤーが出来上がりました(まだ刷ってないけど)

前回同様、撮影は保坂萌さん、デザインは牛尾敬子さんです。

今回の作品の最初の打ち合わせ(5月くらい?)で、作家が「チェコのイメージ」と言ったのが忘れられず、

(作家は「え?それもう忘れてよ」と言っていたけど、蛇のようにしつこく忘れない私)

フライヤーについても「とりあえず、チェコとかモラビア地方っぽい感じ」という、ざっくりしたオーダーをしていたのですが、ふとコラージュにしたいという想いがふくらみ、「ヤン・シュヴァンクマイエルっぽいのとかいいなぁ」(偶然ですが、シュヴァンクマイエルはチェコ出...

Please reload

最新記事

August 21, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload