February 28, 2016

「黒い二、三十人の女」のビジュアルイメージができあがりました。

 

「あんな感じもいいなぁ」「こんな感じもいいなぁ」「あんなこといいな」「できたらいいな」と半ばドラえもん状態で考えていましたが、ばっちりイメージ通りの物ができて満足です。

撮影の保坂さん、デザイナーの牛尾さん、ありがとうございます。

 

牛尾さんには、この並びになるまで「もうちょっと上に」「●●さんは別画像に」「うーん、やっぱ前の写真」「やっぱり、この人は前列に」とか、山のように注文を浴びせました。

苦労かけたね・・・

 

チラシにも、この写真が載っていますので、劇場で見かけた方はぜ...

February 16, 2016

チラシ用の写真撮影を行いました。

カメラマンは保坂萌さん。ムシラセという劇団の主宰さんです。

朝から9人もいる俳優の写真をバッチリ撮ってくれました(おつかれさまでした)。

みんな、フォトジェニック!!!お見せできないのが残念ですが、写真集を作りたいくらい☆

チラシは来月くらいから劇場で見られるようになりますので、お楽しみに~。

 

写真は俳優の吉永輪太郎くんと保坂さん。自分の写真に満足そうな吉永さんです。よかったね!

February 10, 2016

Ne'yanka旗揚げ公演「黒い二、三十人の女」顔合わせが行われました。

はじめまして、っていいですよね。

旗揚げ公演、初めての座組、初めて共演する俳優陣、と初めてづくし。

みんな緊張してたなぁ(ふふふ)。でも、きっと、すぐ仲良くなっちゃうんでしょうね。

 

 

難解な単語や漢字が多い脚本なので、本読みも大変かな?と思ったのですが、

さすがの役者陣。しっかり本を読みこんできていて、主宰冥利に尽きました。

 

やっと港から出航したばかりのNe'yanka号。

これから、どんな冒険が繰り広げられるのか?今からとっても楽しみです。

February 1, 2016

映像作家の高地さんと2度目の会場下見に行ってきました。

あっちこっち照らしたり、測ったり、音を確認したり。

たーっぷり1時間半、あれやこれやを見て回りました。

 

ギャラリーの入っているホテル「CLASKA」はよく撮影に使われているのですが、

昨日はドラマを見ていてビックリ。CLASKAの屋上が使われていましたよ。

使われていたドラマは「火村英生の推理」。

原作の有栖川有栖先生の大ファンですので、ドラマ化を楽しみにしていたのですが、

ここでシンクロできるなんて。とっても嬉しいです。

幸先良くて、うれしくなってしまう出来事でした。

 

Please reload

最新記事

August 21, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload